細かい部分までチェックする監視能力

ネットワーク監視の仕事は、ネットワークに対して異常が発生していないかチェックする仕事です。その為、細かい部分までチェックしていき、問題が発生しないかどうか確認しなくてはいけないです。高い集中力を発揮して、ちょっとした異常が発生した時も迅速に対応できるように監視能力が求められてきます。監視能力は使用するツールやシステムによって、若干違っています。高度なスキルを求められる訳ではなく、画面でずっと確認していく仕事なので、基本的にそこまで難しくはないです。その分、24時間監視をしなくてはいけないケースが多く、何時でも柔軟に対応できるように備えておく事が求められる仕事です。

仲間とコミュニケーションを取る為の会話力

一般的にネットワーク監視の仕事は、一人では行いません。その理由として、一人で実施してしまうとトイレやその他の事情で席を外している時に異常が発生すると柔軟に対応するのが難しくなるからです。その為、最低でも二人以上で監視作業を実施しており、正常な状態が保たれているのか確認しています。そこで重要になってくるのがコミュニケーション能力です。日頃から連携を高める為にコミュニケーションを取っておけば、トラブルが発生した際、スムーズに解消できるようになります。一人でトラブル解消が難しい状況でも多くの仲間と協力すれば、短い時間でトラブル解消可能です。特にコミュニケーション能力が高いエンジニアは、万が一の事態が発生しても協力できるので、柔軟に対応できる強みが発生します。

ネットワークの見える化が可能となるシステムがフロー監視ツールです。本ツールを導入することで、業務効率化が実現しネットワーク管理者の負担を軽減出来ます。