保存してあるデータが全て消えてしまう

スマホを修理に出す場合は、注意する点があります。意外と知らない方が多いので、窓口で聞いて驚いてしまうことも多いです。事前に注意点を把握しておけば、万が一の時も焦らずに対応ができますね。まず1つ目は、スマホの端末内に保存してある写真や連絡先などの全てのデータが削除されてしまうことです。故障していると、端末操作ができない場合もあるので事前にmicroSDカードやパソコン、クラウドサービスなどにデータをバックアップしておきましょう。定期的にバックアップを作成しておくと安心です。

アプリケーションは取り直し

LINEアプリなどは、最初から入れなおしが必要になります。アカウント情報がわからないと再インストールができない場合があります。

スマホの液晶破損は有料

スマホを落として画面が割れてしまっている場合、無償修理ではなく修理代金が発生します。落下による破損等には注意しましょう

修理完了までに時間がかかる

スマホを修理する場合は、修理完了までに時間がかかります。修理中は代替機をレンタルすることができますが、代替機を壊してしまうと弁償しなければなりません。

水没による修理は有料

水場に水没してしまった場合は、修理代金が発生します。防水機能付きのスマホでもコネクターキャップがしっかりしまっていないなどの理由で水没してしまう場合があります。必ず、キャップがしまっているかを確認しましょう。また、防水スマホの場合でも定期的な点検が必要になります。防水機能を持続できているのかを、定期的に点検してもらうようにしましょう。

スマホが壊れた場合、どこでスマホ修理してもらうかが問題になります。まずは、対象のスマホが保険に入っているかを確認し、正規のルートを確認するのがよいでしょう。